フィンジア

※毒舌比較!フィンジアとチャップアップはどっちが買いなの!?

チャップアップとフィンジアは、どちらも人気の高い育毛剤です。でも、何がどう違うのか、わかりづらいですよね。

そこで2つの育毛剤の違いをくわしく比較、どっちがいいか教えます。もしかして併用もいいかも!?

フィンジアとチャップアップの大きな違いは?

では、早速2つの育毛剤の違いをチェックしていきましょう。実は、どちらもかなり個性的な育毛剤なんです。

フィンジアとチャップアップの効果を比較

育毛剤として、一番気になるのは効果・作用ですよね。どんな働きで薄毛を改善してくれるのかを見ていきます。

チャップアップの成分にはどんな効果が?

チャップアップといえば、配合成分が81種類。業界でもトップクラスなことでも有名です。

その中でもメインになるのは、M-034という海藻抽出物です。血行を改善して髪の成長を促し、脱毛を防止するなどの総合的な育毛効果が望めます。

他には脱毛抑制成分として、オウゴンエキスやヒオウギエキスなどを配合。薄毛の原因ホルモン・DHTの生成を抑え、脱毛を防ぎます。

フィンジアの成分にはどんな効果が?

フィンジアは、2つのメイン成分が特長です。

一つはキャピキシルで、DHT抑制や育毛作用など複合的な効果が望めます。特に育毛作用は、発毛薬・ミノキシジルと対比されるほど。

もう一つはピディオキシジルです。ミノキシジルの誘導体ということで、構造がよく似ています。そのことから、同等の効果が望めるといわれる成分です。

他には唐辛子の辛味成分・カプサイシンを配合、多くの成分の浸透性を上げることで効果アップを図ります。

効果が優れているのはフィンジアのほう!

どちらの効果が優れているかは、実証試験や臨床試験のデータがあれば判断できますね。信頼できる科学的なデータを探しました。

チャップアップには実証・臨床試験のデータがない

チャップアップはメインのM-034を始め、多数の成分が配合されています。その成分による多彩な育毛作用が売りなんですが、そこに弱点があるんです。

代表的なM-034を例にとると、うたわれている効果は髪の成長期を延長させて髪を太く長く成長させること。

でも、その効果に関係するきちんとした実証・臨床試験データがありません。

他の成分でも同様で、効果があるというだけの口コミ段階のものなんです。

唯一確認できる実証試験的なものとしては、この資料ぐらいですね。


出典元:https://www.tenshindo.ne.jp/product/sauveur08/

体外で培養した毛根で、細胞の増殖が確認されたとの資料です。内容はこれだけで、データ的には10%という高濃度のM-034だったことしか示されていません。

フィンジアには豊富な実証試験データがある

一方のフィンジアでは、主成分キャピキシルやピディオキシジルについての実証試験が数多く実施されています。

そのうちの一例です。(キャピキシル製造元・ルーカスマイヤー社が出したもの)


出典元:http://www.redenhair.com/img/cms/CAPIXYL-Techfile.pdf

これはキャピキシルが、薄毛の原因DHTを生成する酵素・5αリダクターゼの働きを抑制する作用を表したもの。

茶色のビオカニン(キャピキシルの構成成分)が、2タイプある酵素のどちらも強く抑制します。比較対象の茶カテキン(EGCG)よりはるかに効果的ですね。

また、ピディオキシジルにも海外で行われた臨床試験データがあるし、国内でも、フィンジアの発売元・ユーピーエスが出したデータがあります。


出典元:https://www.atpress.ne.jp/releases/160756/img_160756_3.jpg

これは、フィンジアを半年間使って、その間に髪の密度がどう変化したかを表したグラフです。時間の経過につれて密度が高くなっていくことがわかりますね。

他にも硬毛比率、毛径変化率、毛穴本数変化率といったデータ、髪の変化の画像や被験者の感想まで公開されました。

データで証明されたフィンジアの効果が優位!

こうしてみると、優劣は一目瞭然といったところ。フィンジアの能力は目で見て確認できます。

医薬品のミノキシジルほどではないにしても、育毛効果は期待できそう。それがはっきりわかるので、効果ではフィンジアが優位です。

フィンジアとチャップアップの価格を比較

効果の次は、やっぱり値段ですね。育毛剤は1回買って終わりではないので、値段の違いはすごく大切なんです。

どちらが安く続けやすい価格設定なのか、並べてみましょう。

フィンジア チャップアップ
単品都度 13,440円 8,060円
1本定期 9,980円 7,400円
3本セット1本当り 11,600円
3本セット定期1本当り 8,967円

チャップアップは、どの購入方法でもフィンジアより安いですね。1本定期が最安値で7,400円。

チャップアップはフィンジアの最安値より1,600円近く安くなります。

フィンジアはキャピキシルなどのプレミックス成分を使うので、通常の育毛剤よりどうしても割高になってしまいます。。

フィンジアにとって、通常の育毛剤との価格競争は最大の弱点。価格はチャップアップが優位でした。

フィンジアの3本定期もおすすめ

ただ、育毛剤は1本だけでは効果を実感することはできません。ヘアサイクルを考えると、休止期から成長期に入り、目に見える状態までには3ヵ月は必要です。

そうすると、3本定期というのは一つの目安にもなります。これにしておくのも頑張るための方策では?

▼公式サイトのカート確認画面で表示される

定期といっても、初回の1本を使った段階での解約も可能なんです。最初から3本セットの定期で始めるのもいいかもしれませんよ。

値段ではチャップアップが優位。他にもチャプアップが優位なことってある?

チャップアップが勝ってる点は他に何がある?

チャップアップは人気があり、売上高でも常にトップ争い。それだけ優れた部分が多いからでしょう。価格以外にもフィンジアに勝ってるところがあるはずです。

チャップアップは知名度がすごく高い

チャップアップはとにかく目立ちます。ネット広告の量もハンパなく多く、これでもかといった感じで攻めてきます。

キャラクターには薄毛世代のヒーロー「ウルトラマン」を選び、駅や新聞・雑誌、電車やタクシーなどに大量広告。

これだけしょっちゅう見ていて知名度が高いと、自然に信頼感、親近感が生まれてしまうんです。この宣伝上手はフィンジアの比ではありませんね。

全額返金保証制度の期間が永久保証

全額返金保証はもう珍しくないんですが、チャップアップは保証期間を無期限にしました。

これは業界初のことで、永久保証と呼んで他の育毛剤と差別化したんです。

ただし、定期コース限定(単品購入は30日保証)で、対象は最初の1本だけ。何ヵ月たっても申請すれば1本分が返金されますが、2本目以降の分は購入者負担です。

長期使用の末に何かあっても、最初の1本分だけは返金されます。永久保証の語感ほどではないにしても、それなりの安心感は得られるでしょうね。

チャップアップの容量はたっぷり使える120ml

チャップアップは1本120mlで1ヵ月分です。これだけあれば、薄毛部分が少々広くても、あまり心配せずにたっぷり使えます。育毛剤の中では多いほう。

これがリアップとかメディカルミノキ5だと、半分の60mlになります。少ないんですが、計量機能付きの容器なので使いすぎることはないでしょう。

そして、フィンジアはさらに少ない50ml。スプレーで使用量がわかりにくいこともあり、これでは常に残量が気になるでしょうね。

チャップアップの成分数はトップクラスの81種類

チャップアップは成分数が多いのも売りの一つ。業界トップクラスの81種類の成分が配合され、抜け毛抑制や育毛への多様なアプローチが期待できます。

フィンジアではぐっと少なくなって25種類。これでも育毛剤の標準的な成分数なんですけどね。

でも、数が多ければいいってものではないんです。問題はその中身で、フィンジアではキャピキシル5%などと明確に表示しています。リアップと同じですね。

チャップアップはどの成分がどれだけ入っているかわからないというのがネック。

フィンジアとチャップアップは使い方によっては併用もいいかも。

フィンジアとチャップアップの併用はあり

フィンジアとチャップアップを併用する場合、目的は2つあります。一つは、両方の得意な作用をうまく使い分けること。もう一つはコストダウンです。

朝と夜での使い分け

育毛剤の多くは1日2回、朝晩使うように推奨されています。作用の切れ目をなくすためなんですが、2種類を朝と夜で使い分け、効果アップを狙うこともできます。

髪の毛の成長は、夜寝ている間が最も盛んになります。夜に使うには、髪の成長を促すキャピキシルとピディオキシジル配合のフィンジアが最適。

髪が成長するタイミングに合わせて、フィンジアの主成分が効果的に働きます。

一方のチャップアップには、頭皮の環境改善に効果を発揮できる成分が多く配合されています。これを朝使って、頭皮を健全に整えて維持します。

朝はチャップアップ、夜はフィンジアで作用を使い分け。そうすれば、より高い効果が望めるでしょう。

安いチャップアップでコストダウン

キャピキシル系育毛剤の特徴として、値段が高いことが挙げられます。フィンジアの最安値は3本セットの定期コースで、1本がほぼ9,000円ほどに。

毎月これだけを長期間負担するのは、少し重荷ですよね。

一方、チャップアップの最安値は1本定期の7,400円。

どちらも1ヵ月分なので、併用すれば2ヵ月もち、1ヵ月分は8,200円に抑えられます。

併用で月800円安くなり、フィンジアには少ない頭皮環境を改善する成分も利用できて、一石二鳥ってことですね。

どっちか一つだけ買うなら絶対フィンジアの理由

併用じゃなくどちらか一方ってなると、選ぶべきなのはフィンジアかな~と思います。

フィンジアは臨床データが豊富で信頼性あり

フィンジアには何といっても臨床データが豊富。

チャップアップには科学的な実験データがないのが残念です。効果出ている人が口コミレベルっていうのは説得力なし。

リアップと同じような臨床データがあるし、細胞レベルや動物実験のデータまでも詳細に発表しています。

また、販売元でも臨床試験を実施していて、その結果についてプレスリリースの形で発表しました。

このため、フィンジアの成分や作用への信頼性は大きく、リアップのような副作用への心配もありません。

育毛に詳しい人はフィンジアを高く評価

フィンジアを扱ったブログの管理人の中でも、育毛に詳しい人たちはフィンジアのエビデンス(科学的根拠)を高く評価します。

成分の効果が科学的にデータで示され、信頼性が非常に高いです。成分濃度を明示した点でも、高く評価します。

効果に関しても、キャピキシル配合の育毛剤は明らかに従来のものとレベルが違います

フィンジアは、成分面においては十分育毛効果が期待できそう

使ってみていちばん効果・変化が観察できた育毛剤はフィンジアでした。

他の育毛剤ではここまでの明快なデータはまったくなく、ハッキリしたエビデンスのレベルの差がありました

チャップアップの場合は逆にデータ不足

チャップアップのほうは、フィンジアとは逆にエビデンスはありません。このため、フィンジアのような評価ではなく、成分的には低い評価になっています。

チャップアップには効果がないという意味ではないんですが、それよりもウルトラマンを使うなど、マーケティングのほうが優れている印象が強いですね。

その成果が人気の高さであるし、ネット通販育毛剤№1の売上高になるんでしょう。

おすすめはフィンジア

チャップアップとフィンジアは、性格が違う育毛剤でした。

総合作用型と一点集中型という見方もできますが、何より違うのはエビデンスの有無ですね。

抜け毛の予防とか頭皮環境の改善ではなく、M字や頭頂部を何とかしたい、本格的に育毛を目指す人にはフィンジアがおすすめです。