フィンジア

※毒舌比較!フィンジアとリアップ(ミノキ)はどっちが買いなの!?

フィンジアとミノキシジル(リアップ)は、比較にならないほど効果が違うと思われがち。

でも、そうではありません。単純に優劣をつけないで、年代で選ぶのがベストなんです。そのわけを書きますが、まず両者の違いを整理しておきましょう。

それぞれのメリットとデメリットはこんなところです。

フィンジア
メリット デメリット
主成分の臨床試験が豊富 価格が高い
カプサイシンの浸透力 ネット通販でしか買えない
DHT抑制成分配合
副作用の心配がない
全額返金保証で安心
リアップ(ミノキシジル)
メリット デメリット
発毛効果が試験で実証 皮膚や循環器に副作用
日本皮膚科学会が強く推奨 対象は壮年性脱毛症だけ
知名度が高い 脱毛抑制成分がない
市販なので手軽に買える 返品返金制度がない
広告宣伝費が高そう

どちらもかなり特長が多く、個性がありますね。順に中身を見ていきますが、基本的に大きく違うところがあるので、先にそちらを見ておきましょう。

フィンジアとリアップの大きな違いは?

育毛ケア商品では、成分・目的によって分類が変わります。育毛剤は医薬部外品が多いんですが、フィンジアは化粧品、リアップは医薬品に分類されます。

育毛剤に多い医薬部外品では、厚生労働省が決めた範囲内の成分・濃度で配合できるし、効果効能もその範囲内で表記が認められます。

この「範囲内」という規制のために、医薬部外品には効果が高い新成分を使ったり、濃度を上げることができないんです。

フィンジアが化粧品になった理由は?

フィンジアのような化粧品は、医薬部外品よりも使える成分や濃度の基準がゆるやかです。配合が禁止・制限されたもの以外は、メーカーの責任で自由に使え、濃度の制限もありません。

フィンジアの主成分・キャピキシルやピディオキシジルは、医薬部外品の範囲外。

臨床試験で効果が確かめられた成分なのに、医薬部外品だと使うことができないんです。

なので、配合しても支障のない、化粧品として販売することにしました。この分類だと、成分はもちろん濃度も自由に配合できます。その代わり、効果はうたえませんけどね。

フィンジアが化粧品で販売されるのは、キャピキシルとピディオキシジルの配合が目的でした。

リアップは第一類医薬品

一方、リアップは医薬品です。発毛効果が公的に認められ、発毛剤と表記できるのは日本で唯一リアップだけなんです。

処方箋がいらない一般用医薬品ですが、第一類なので、薬剤師が常駐して必要な情報をやりとりできる薬局(通販薬局も含む)からの購入に限られます。

リアップの主成分・ミノキシジルは、日本皮膚科学会のAGA治療ガイドラインで、「強く推奨する」Aランクに評価されるほどスゴイんです。

その反面、副作用のリスクもあり、その発症率は8.82%とかなり高いもの。リアップを使う場合は、副作用のことを必ず意識しておきましょう。

メリット・デメリットはフィンジアから見ていきます。

フィンジアのメリット・デメリット

フィンジアにはメリットが多いんです。何といっても主成分が目立つので、話題には事欠きません。併せてデメリットもチェック!

フィンジアのメリットにはどんなことが?

実力派の化粧品・フィンジアのメリットには、次のようなことがあります。

成分には実証試験が豊富

フィンジアは化粧品の分類ながら、その主成分には医薬品みたいな実証試験が行われています。効果が確かめられていて、信頼性がとても高いんです。

例えば、キャピキシルはミノキシジルの3倍!という試験。誤解しやすい表現ですが、キャピキシルによる髪の成長活性化率が、ミノキシジルの3倍だったという結果でした。


出典元:http://www.redenhair.com/img/cms/CAPIXYL-Techfile.pdf

もう一つの主成分・ピディオキシジルはミノキシジルの誘導体で、基本的な性質は変えずに副作用が出にくくした物質です。

マウスを使った実験では、ミノキシジルと変わらない育毛力が示されました。生えた毛の重さを比べたところ、結果に大きな差は出なかったとされます。


出典元:https://www.slideshare.net/Kumarorganicproducts/kopyrrol-pyrrolidinyl-diaminopyrimidine-oxide

国内でも販売元・ユーピーエスと日本薬科大学との共同実証試験が行われていて、結果は専門誌に掲載、報道発表も行われました。

試験の一例を挙げてみましょう。

出典元:https://www.atpress.ne.jp/releases/160756/img_160756_3.jpg

これは髪の密度の変化率の推移で、半年で10%以上の伸びが見られます。他にも毛径、硬毛比率、毛穴本数の変化率などのデータや実際の頭髪画像、被験者の意見などが発表されました。

浸透力を上げるゲートアクセス理論

フィンジアの成分・カプサイシンは、トウガラシの辛味成分です。毛穴を開いて汗を出す発汗作用があり、これを利用して成分を浸透させるのがゲートアクセス理論。

育毛剤は毛根に浸透しないと効果を発揮できません。そこを、カプサイシンがサポートします。

でも、リアップのミノキシジルは浸透性が悪いのに、カプサイシンは配合なし。配合すれば、リアップがもっと強力になるかもしれませんね。

DHT抑制成分で脱毛を防止

フィンジアには、ビオカニンA以外にもDHTの生成を抑える成分が配合。ヒオウギエキスがそれで、ビオカニン同様、酵素の5αリダクターゼの働きを抑えます。

ヒオウギに多いイソフラボンによる作用で、このDHT抑制作用はリアップにはない機能なんです。

副作用の可能性はほとんどなし

フィンジアには、副作用が起こるような成分はありません。何か起こるとすれば、植物エキスとかアルコールに対するアレルギー程度。

発売以来、フィンジアで副作用が起こったという報告は見あたりません。効果は望めても、副作用の可能性はほとんどないという、安全な育毛剤です。

全額返金保証制度で何かあっても安心

全額返金保証とは、使用中に体に合わないなど異常があれば商品代金が戻る制度。下記はフィンジアの適用条件で少々複雑に見えますが、これが普通なんです。

育毛剤は値段が高いので、初めての購入は不安でためらいがちです。フィンジアの返金制度は、こうした初心者のハードルを下げてくれます。

フィンジアのデメリットでは何がある?

メリットに比べて少ないものの、フィンジアにもデメリットはあります。

リアップよりもかなりの高値

フィンジアの値段は買い方によって4通りあります。

フィンジア
単品都度 13,440円
1本定期コース 9,980円
3本セット1本当り 11,600円
3本セット定期1本当り 8,967円

一番安いのが3本セット定期で、1本当たり8,967円になります。

リアップは定価7,611円ですが、市販なので値段はまちまち。実勢価格は7.000円程度なので、フィンジアはそれより約2,000円ほども高くなりますね。

2つの主成分は海外製を仕入れるので、仕入れ価格は高いです。原価が高くなるので、どうしても値段は上がるんです

フィンジアはネット通販でしか買えない

フィンジアは、ドラッグストア、薬局などでは買えません。ネット通販だけの限定販売なので、ちょっとついでに買ってくるというわけにはいきませんね。

販売側にとってはコストダウンなどのメリットがあるからなんですが、注文してもすぐに手元に届きません。購入者側としては、この点がデメリットだと感じててしまうんです。

フィンジアはメリットのほうが多かったですね。ではリアップは?

リアップのメリット・デメリット

TVCMで頻繁に目にするリアップ(ミノキシジル)は、日本で唯一の発毛薬。そのメリットとデメリットを見ていきます。

リアップ(ミノキシジル)のメリットには何がある?

リアップは長年発毛剤トップに居続け。それはそうできるだけのメリットがあるからなんですね。

リアップは臨床試験で発毛効果を実証済み

リアップの販売元・大正製薬では、規模が大きく長期にわたる臨床試験を実施しました。結果は医師が判定し、写真も添付された信頼性が高い試験です。

そのデータはリアップの公式サイトにも掲載され、誰でも閲覧が可能。

出典元:https://brand.taisho.co.jp/riup/riupx5/data/

このグラフはリアップを1年間使って、4週間ごとの改善状況を表したもの。1年後には、現状維持も含めて98%の人に効果が認められました。

判定は実感などではなく医師によるものなので、客観性・信頼性のある試験で効果が認められたことになりますね。

ミノキシジルは日本皮膚科学会が強く推奨

日本皮膚科学会はAGA(男性型脱毛症)の治療ガイドラインの中で、リアップの主成分ミノキシジルの推奨度を最高のAランクに評価しました。


出典元:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AGA_GL2017.pdf

Aランクとは、この成分による治療を「行うよう強く勧める」というもの。多くの専門家が有効性についてさまざまな角度から検証した結果のお墨付きです。

この点がリアップの最大のメリットといえるでしょうね。

知名度が高いので安心できる

リアップは薄毛じゃない人でも知っているほど広告が多く、知名度は抜群に高い商品です。

当然使っている人も多いでしょうし、CMも何度も見ているうちに親近感が生まれます。大正製薬のブランド力もあり、初めて使う時の不安感が薄れて安心して使えますね。

リアップは欲しい時にすぐ手に入る

リアップは医薬品ですが、処方箋がいらない一般用です。薬剤師が常駐しているドラッグストアや薬局なら、ほとんどの店で買えるはず。買い物ついでに気軽に買えるのが便利です。

ただし、シャンプーみたいに無言でレジは通れません。薬剤師から説明と確認を受けたうえでないと買えないので、シャイな方は嫌がるかもしれませんね。

リアップにはどんなデメリットが?

医薬品のリアップといえど、デメリットは存在します。

皮膚などの副作用が出る確率が高い

リアップ(ミノキシジル)といえば、副作用がある事でも知られます。多いのはかぶれや湿疹といった皮膚症状ですが、血管を広げることから循環器関連も多くなります。

リアップには副作用のデータもあります。発売後、再審査時の調査資料です。


出典元:http://www.pmda.go.jp/otc_reexam/2014/i20140702001/400059000_22100APX00105000_Q100_1.pdf

副作用の発現率は8.82%とかなり高い率。うち、皮膚障害が70%を占めていますが、心不全など重い症例もあります。異常があればすぐに受診をおすすめします。

効果が見込めるのは壮年性脱毛症だけ

リアップは、AGA(男性型脱毛症・別名壮年性脱毛症)だけに有効とされます。壮年性脱毛症は、壮年と呼ばれる30代後半以上の人に見られる薄毛の症状です。

20~30代前半の人に現われる若年性脱毛症とは区分され、若い人にはあまり効果は見込めません。

抜け毛を抑える成分がない

リアップの有効成分はミノキシジルだけで、他は頭皮環境保護成分。その働きは「発毛」で、薄毛対策に必要な抜け毛を抑える成分が全く配合されていません。

強力な発毛作用だけでは、AGAを抑えきれない場合もあります。プロペシアとか、フィンジアのキャピキシル、ヒオウギエキスなど脱毛抑制成分が欲しいところです。

リアップには全額返金保証制度がない

通販育毛剤では標準的な全額返金保証ですが、リアップにはありません。

かぶれや湿疹が起きやすいリアップなので、ぜひともあってほしい制度です。でも、通販ではないこともあってか設定されていません。

もしリアップで副作用が起こった場合は、残った分は廃棄。以後はフィンジアに変更ですね。

リアップの代金に多額の広告宣伝費が入っている

リアップの知名度が高いのは、膨大な量の広告宣伝によるものです。その費用は、当然リアップの代金に上乗せされているはずです。

リアップの先発薬ともいえる海外製のロゲインは、個人輸入代行サイトで3,000円以下。リアップの7,000円ほどの値段には、宣伝費はいくら入っているんでしょう。

フィンジアとリアップは年代で分けるのがベスト

それぞれのメリット・デメリットを検証してきましたが、ここであらためて比較表を見てみます。

フィンジア
メリット デメリット
主成分の臨床試験が豊富 価格が高い
カプサイシンの浸透力 ネット通販でしか買えない
DHT抑制成分配合
副作用の心配がない
全額返金保証で安心
リアップ(ミノキシジル)
メリット デメリット
発毛効果が試験で実証 皮膚や循環器に副作用
日本皮膚科学会が強く推奨 対象は壮年性脱毛症だけ
知名度が高い 脱毛抑制成分がない
市販なので手軽に買える 返品返金制度がない
広告宣伝費が高そう

30代後半以降の人はリアップがおすすめ

リアップなんですが、効果が期待できるのは壮年性脱毛症です。30代後半以降、壮年層の人には、リアップの強力な発毛作用が効果的に働きます。

薄毛が進行している場合も多いので、それなら改善効果が高いリアップがおすすめです。若い人なら、他の手段がない場合の最終手段として使いましょう。

長年にわたり多くの人に使われてきたという、安心感もありますしね。

20~30代の若い人はフィンジアを選ぼう

若い人の薄毛は、いろんな要因が関係することが多く、リアップは向いていません。強力な発毛作用は魅力的ですが、副作用のリスクを背負うことにもなります。

若い人は薄毛も初期段階。他の手段も選べるので、最初からリアップに頼らないほうがいいでしょう。

フィンジアは育毛と脱毛抑制の両方が期待できます。抜け毛が気になる若い人はもちろん、壮年層でも改善は可能です。

キャピキシルとピディオキシジルの作用は、実証試験で確認済み。あまり薄毛が進行していない、30代前半までの人にはフィンジアがおすすめです。